主に制作したものをレポートするブログ、のはずだがレビューもする。基本的に脱線しているので製作物が中心
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-12 22:00 | カテゴリ:つくってみた

もうゴールしてもいいよね


shin-sec-40401.jpg

 ブログのカスタマイズをやり始めるとアレやこれもと次々と修正や機能の追加などなど、終わりの見えないスパイラルに陥りそうなのでここらへんで切り上げて完成としておこう。

まぁ実は気になるところはちらほらとあるのだがそれはおいおいちまちまと修正していく方針でやっていこう。

今回はできあがった新ブログの簡単な仕様やその他残念な部分も含めて説明してしていく。

なお今回を持って旧SEc_404の最終レポートとする。

それではレポートを始めよう。
スポンサーサイト
【ジャンル】:その他 【テーマ】:近況報告
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-07-29 21:00 | カテゴリ:つくってみた

100円ショップのものだけでも作れるペンタブレットの替え芯の自作方法


pentabu-shin01.jpg

PCでイラストを描くための道具

 
 ペンタブレットとはパソコンで手描きできるように使うペンと板のことで、PCでイラストを描くのなら必要になるものだ。この前紹介してくれたfirealpacaのような無料のお絵かきソフトであってもペンタブを使うことが前提になっている。

 みかん魚はたまにイラストを描いていて普段はアナログでラクガキをすることが多いが、それとは別にデジタルで描く場合もある。その際には当然ペンタブレットを使っていて、ペンタブはWacomのintuos3で普通の大きさのやつを使っている。


関連記事 無料のお絵かきツールでイラスト描いてみた


ペンタブの消耗品


pentabu-shin04.jpg

 ペンタブはアナログとは違いインク切れを気にせずに半永久的に使うことができる。ただそんなペンタブでも長く使い込んでいるとペン先がガリガリと磨り減っていき、最終的には交換する必要がある。

ただこの換え芯意外と高いのだ。

 WACOM Intuos 3 替え芯 (フェルト芯・2...

 WACOM Intuos 3 替え芯 (フェルト芯・2...
価格:3,376円(税込、送料別)



pentabu-shin02.jpg

 そこでみかん魚はペンタブの替芯を自作している。自作ペン先は麺棒を使ったものが主流だが、主にここでは割り箸や竹串などの木製関連の素材をつかった替芯の制作になる。使い心地にが素材によって異なるが、現状は特に問題なくつかえている。

ただこれらの方法は他の人が使っても問題なく使用できるといった保障はできないので、自分も作って見ようと思うのであればあくまでも自己責任でおこなうこと。

それではレポートを始めよう。

 メーカーの替芯以外を使用した場合、ペンタブ本体やペンが破損する恐れがあります。自作をした芯をしようする場合はくれぐれも自己責任でお願いします。
【ジャンル】:サブカル 【テーマ】:イラスト
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-07-06 21:44 | カテゴリ:つくってみた
100円ショップを利用して作る木製のオーディオセレクター製作

retro-monitor02.jpg

 以前にスマホとPCのヘッドホンの抜き差しがめんどうだったので100均縛りでミニプラグ用のオーディオセレクターを製作したが、見た目があれなので今度はすこし高級っぽく見えるように塗装を施した木製のオーディオセレクターを作ってみた。

retro-monitor01.jpg

 基本的には前回と仕様や作り方はほとんど同じだが、今回は100均縛りではなくオーディオ分配器からステレオジャックを使用している以外はホームセンターなどで手に入るもので製作している。

retro-monitor03.jpg

とりたてて違うところはこのトグルスイッチを利用したことだろうか。トグルスイッチには何かロマンみたいなものを感じているのと木製の組み合わせはなんとなく古めかしい感じがするというみかん魚の独断の偏見で「レトロな」と銘打っているが、

今までのスピーカーモニターなどのレトロシリーズとは違う番外編として扱っておく。

それではレポートを始めよう

はんだごてや木材カッティングをする際にけがをする恐れがあります。工作をするときは十分に注意して、自己責任でおこなってください。


前回の記事 【とても便利】100均グッズでヘッドフォンの抜き差しを不要にする簡単な方法【安価】
2013-06-28 23:00 | カテゴリ:つくってみた
100均縛りでヘッドフォン用のオーディオセレクターを作ってみた

streo-selctor01.jpg

 EVO 3Dを入手してからとりあえずネットラジオやニコニコ動画等を作業用として再生しながら使っているが、パソコンで音だしをするときにいちいちヘッドフォンのプラグを差し替えなければならずめんどうだったので

ヘッドフォン用にパソコン⇔スマートフォン間をスイッチひとつで音声チャンネルを切り替えられるステレオセレクターを自作したので今回はそのレポートをしてみる。

streo-selctor02.jpg
表のステレオジャックにヘッドフォンやイヤフォンを差込


streo-selctor18.jpg
ダイソーにも売っているミニプラグのステレオケーブルを使って

streo-selctor03.jpg
それぞれのAV機器に差し込めば

streo-selctor04.jpg
上面のスライドスイッチでそれぞれL,RチャンネルごとにそれぞれのAV機器に切り替えて使用できる。

junk-culture-square-icon2.jpg

使い勝手は音声信号の切り替えが2パターンのみと切り替えられる数が少なめだが、その分余計な機能がなくシンプルなので意外と使い勝手がよい。

仮にヘッドフォン、イヤホン用となっているが、ステレオミニプラグであればスピーカー用のセレクターやスピーカーとヘッドフォンに自由に切り替えるといった用途でも使用できる。

なお使用した材料と簡単な作り方は以下のとおりだ。

高温のハンダごてを使用したりとやけどの危険があります。電子工作は自己責任でお願いします。

関連記事 セリアの100円アンプをステレオで使用する安くて簡単な方法
2013-06-16 23:30 | カテゴリ:つくってみた
3000円以内で小型の液晶ディスプレイをつくってみた

retro-logo2.jpg

wathcing-Rtro.jpg
she is watching to retro

 このブログで以前に作られたレトロスピーカーに続く第二弾。今回はコンポジット入力の液晶モジュールを利用してレトロなモニターを作ってみたのでレポートをやっていきたいと思う。

retro-monita02.jpg

はじめに言っておくと、今回はAitendoのLCDモニターである3.5インチビデオモニター[2P-LTV350QV-12V]を使用して自作している。どちらかといえばモニターのケースの自作であり、また基本的には100均縛りではなく木箱や外観以外はホームセンターなどのものを利用して製作しているのでご了承のうえ購読いただきたい。



はんだごては高温ですのでやけどには注意してください。また自作には失敗するリスクがあります。自分で作ろうと思う場合はくれぐれも自己責任でおねがいします。

それではレポートを始めよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。